本文へ

病棟案内

緩和ケアについて

患者さまがこれまで歩んでこられた生き方を尊重し
病気のことだけでなく、気持ちや生活を大切に、
安心してその人らしい時間を過ごせるようなケアを提供します。

ご挨拶

潤和会記念病院
院長 岩村 威志

“がん” の終末期にある患者さんに対して
当院の基本理念である“人間愛”をまさに感じ取っていただける場所にしたい、
人が自分らしく生き抜ける病棟にしたいと考えています。

病院の基本理念である“人間愛”のこころを大切に

私たちは、患者さまとご家族の皆さまに心身ともに安心して過ごしていただくために、こころを込めた医療の提供をめざします。

緩和ケアとは?

がんの診断を受けたときから最期の瞬間まで、その人らしく生きていけるように、身体の痛みやだるさ、こころのつらさなどを和らげ、ご家族を含めて患者さまの精神的社会的な悩みに寄り添い、支えていくケアです。

緩和ケアの基本方針

  1. 患者さまの生き方(価値観・考え方)を尊重したケアの提供をめざします
  2. 患者さまの痛みをはじめとする様々な身体的精神的症状の緩和をめざします
  3. 患者さまとご家族の心の支えとなり、安らぎを得られるようなケアの提供をめざします
  4. 患者さまの生きる力を尊重し、死の過程を自然なものとして見守り、死を早めることも、遅らせることもしません
  5. 地域との連携を充実させ、患者さまとご家族が住み慣れた家庭で一緒に過ごせるように在宅ケアを支援します

医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士など、さまざまな医療スタッフによる専門チームでサポートします。