本文へ

診療科・センター

ペインクリニック

概要

ペインクリニックは、痛み治療を専門にしています。ペインクリニックで治療対象となる痛みは慢性痛が多く、疾患・外傷が治癒した後に残る痛み、慢性炎症に起因する痛み、心理社会要因が絡んだ痛みがあります。もちろん、疾患・外傷の急性期にみられる痛み、がん・がん治療に関係する痛みも治療対象です。

神経ブロックをはじめ、様々な治療手段を駆使して痛みを和らげることがペインクリニックの使命と考えています。

一方、痛みは生体防御や診断のために必要なものであり、痛みはとるべきではないとする考えもあります。確かにそのような考えが当てはまることもありますが、多くは強い痛みがあることのほうが有害です。痛みが和らぐと、自然治癒の促進、生活の質(QOL)の改善、慢性痛への移行防止などにつながり、生体にとって有益です。

ペインクリニックで診療することが多い疾患の一つに帯状疱疹があります。帯状疱疹の急性期には皮疹が現れ、激しい痛みを伴うことがあります。

急性期の激しい痛みに対しては神経ブロックを用いて鎮痛を図っています。皮疹は2週間くらいで治りますが、異常な痛みを残すことがあります。

帯状疱疹が治癒した後に残った異常な痛みは、帯状疱疹後神経痛と言われるもので治療に難渋しますが、薬物、光線療法、高周波治療などを用いて痛みを和らげる努力をしています。

痛みが強いと日常生活に支障が出ることになりますが、このような痛みが他人に理解してもらえないと辛さが重なることになります。

帯状疱疹に関係した痛みに限らず、筋骨格系疾患などでも同じような痛みが現れることがあります。

診療について

診療の特徴

外来診察日は月・水・金の午前のみ、火・木は手術日になっています。診療はすべて予約制となっています。事前に必ずお電話で予約をしてください。

*現在、常勤医師減少に伴い新規患者のお受入れを一時休止させていただきます。大変ご迷惑をおかけします。診療再開につきましては、医師体制が整い次第、再度ホームページにてお知らせいたします。

外来治療には薬物療法、光線療法、神経ブロックなどを利用しています。薬物療法には非ステロイド抗炎症薬、抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、オピオイド、ケタミンなどを使用しています。光線療法には半導体レーザやキセノンを利用しています。

外来では、星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、トリガーポイントブロックなどのブロックを実施しています。

外来治療では痛みが十分にとれない場合、入院治療を行うことになります。

入院治療には持続硬膜外ブロック、X線透視下ブロック、神経破壊薬ブロック、高周波熱凝固術、エピドラスコピー、脊髄刺激療法などを利用しています。

主な診療内容

  • 神経因性疼痛(帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、脊髄損傷後遺症、脳卒中後遺症、三叉神経痛、複合性局所疼痛症候群など)
  • 頭痛・顔面痛(片頭痛、群発頭痛、非定型顔面痛など)
  • 耳鼻科・眼科疾患(顔面神経麻痺、網膜中心動脈閉塞症など)
  • 筋骨格系疼痛(外傷性頸部症候群、変形性頸椎症、頸椎術後疼痛など)
  • 末梢血行障害(閉塞性動脈硬化症、レイノー症候群など)
  • がん性疼痛

といった疼痛疾患が治療対象です。

スタッフ紹介

田中 信彦

男性医師サンプル画像
職位・職種 部長
勤務形態 常勤医師
出身大学 宮崎大学
専門分野 ペインクリニック、緩和ケア
専門医 日本ペインクリニック学会専門医
指導医 麻酔指導医、日本緩和医療学会暫定指導医
他の資格 医学博士
主な所属学会 日本ペインクリニック学会、日本麻酔科学会、日本緩和医療学会、日本疼痛学会

立山 真吾

男性医師サンプル画像
職位・職種 部長
勤務形態 常勤医師
出身大学 宮崎医科大学
専門分野 ペインクリニック、麻酔
専門医 日本ペインクリニック学会専門医
指導医 麻酔科指導医
他の資格 医学博士
主な所属学会 日本ペインクリニック学会、日本麻酔科学会、日本疼痛学会

宇野 武司

宇野 武司 写真
職位・職種 潤和リハビリテーション診療研究所 名誉研究員(疼痛研究部門)
勤務形態 研究員
出身大学 九州大学
専門分野 ペインクリニック、麻酔
専門医 日本ペインクリニック学会専門医
指導医 麻酔科指導医
他の資格 医学博士、宮崎大学医学部医学臨床教授、日本ペインクリニック学会名誉会員
主な所属学会 日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、世界疼痛学会