本文へ

当院概要

リハビリテーション療法部

リハビリテーション療法部の理念

「チームアプローチの実践」

リハビリテーション療法部の方針

  • 私たちは、リハの理念と病院の理念に基づき、患者様が障害を持ちながらも尊厳ある人生を送れることを目指し、適切かつ必要なリハを提供します
  • 私たちは、リハシステムの充実と各スタッフの人格形成に努めることで、患者様やその家族を中心としたリハを提供でき、信頼される組織作りを目指します
  • 私たちは、リハの理念に基づくチームアプローチを実践でき、専門的なリハを展開できるように、常に専門知識や技術の修得という医療水準の向上に努め、誇りと責任を持って働ける職場作りを目指します
  • 私たちは、臨床実習及び新人教育のシステムの充実をはかることで、各専門分野における後進の育成に努力します
  • 私たちは、地域の医療機関や福祉施設等とも緊密な連携をはかり、地域全体としてのリハ医療の向上を目指します

リハビリテーション療法部職種別紹介

理学療法士(PT)

理学療法士(PT)は、病気やケガまたは、寝たきりなどによって身体が不自由になった方に対して、体と心の両面から機能の回復や維持といった治療に取り組むと同時に、様々な訓練や指導等を行うことによって、家庭復帰・社会復帰を支援するリハビリ部門の専門職です。

PTはおもに、日常生活に必要な基本動作を行なう運動機能を対象にリハビリテーションを行ないます。PTが行なう、理学療法の中心は運動療法であり、起き上がる・座る・立つ・歩くなどの基本的動作能力の回復を目指します。

その為に解剖学・運動学等の知識を基礎に、各疾患の障害像に応じた適切な治療手技を選択し、関節可動域訓練・筋力増強訓練・起居動作訓練・バランス訓練・歩行訓練等を施行し、ADL(日常生活活動)の向上につなげていきます。

必要に応じて物理療法(温熱・寒冷・電気)や、装具療法なども取り入れていきます。

また、病院から家庭に帰る為の準備として、生活指導や家族指導、家屋改修などの環境整備のための助言・指導、福祉制度の紹介などのアドバイスも、他のリハビリテーションスタッフと共におこなって行きます。

当院では、発症急性期から早期離床・機能回復を目指して、ベッドサイドからリハビリテーションをPTが開始します。早期にベッドサイドでのPT訓練を開始することで、二次的合併症や廃用症候群の予防につながり家庭復帰に必要なADL能力が早く向上します。

潤和会記念病院には75名の理学療法士が勤務しています。(H27年4月現在)

患者様の様々な思いとともに新しい一歩を一緒に歩んで行きたいと思っています。

「さあ、また一歩。」

私たちが皆様の一歩を支えます。

作業療法士(OT)

作業療法士(OT)は、身体または精神に障害のある方に対して、生活の再獲得を図る為、機能の回復・維持等を促す作業を用いて治療・訓練・指導を行い、PT同様に家庭復帰・社会復帰を支援するリハビリ部門の専門職です。

OTは、身体機能訓練として手の麻痺などに対して、生活に必要な筋力、関節の動き、感覚等の維持改善を図ります。また、脳卒中や頭部外傷による高次脳機能障害に対する評価や治療も行います。食事・整容・更衣・排泄・入浴などの生活に直接かかわる動作(ADL)や調理・炊事等の家事動作(IADL)の訓練や、家庭復帰や職場復帰の為の訓練や指導も行います。

当院では、発症急性期から早期離床・機能回復を目指して、ベッドサイドでのリハビリテーションをOTも開始します。特に発症時から重い障害を呈しやすい脳卒中患者のリハビリテーションにおいては、OTは (1)早期の上肢の巧緻性障害に対する訓練、(2)失行や失認などの高次脳機能障害に対する早期訓練指導や病棟の生活環境の調整、(3)病棟での早期の日常生活活動(ADL)獲得に向けた訓練 (4)家庭復帰や復職に向けての早い段階からの情報収集や準備も行います。

作業療法とは…

『身体又は精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対し、その主体的な活動の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療・指導・援助を行うこと』 一般社団法人 日本作業療法協会 定義より

どのような方を対象に行うの?

  • 様々な病気(脳卒中、交通事故による骨折など)になられた方
  • 病気により長期リハビリテーションが必要とされる方
  • 病気により日常生活が困難になり、リハビリテーションが必要な方
  • 病気により社会生活(教育・仕事・家事動作)が困難になられた方
  • 様々な病気により、自宅に帰るための準備(応用動作、住宅改修や福祉用具の選定など)が必要な方
  • 病気により、集中力が続かない、気が散りやすい、物が覚えにくいなどの症状が出現しリハビリテーションの必要な方

作業療法はどんな目的で行うの?

3つの能力の維持・改善します
  • 基本能力
    (運動機能・精神機能)
  • 日常生活動作能力
    (食事やトイレなど生活で行われる活動)
  • 社会生活適応能力
    (就労就学の準備、地域活動への参加)

言語聴覚士(ST)

人間は言葉によってお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有し生活をしています。言葉によるコミュニケーションには言語、聴覚、発声発語、認知などの各機能が関係していますが病気や事故、発達上の問題でこのような機能が損なわれることがあります。 言語聴覚士(ST)は言葉や聴覚によるコミュニケーションに問題のある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を再構築できるように支援するリハビリ部門の専門職です。

STは言語や聴覚、嚥下機能に障害をもつ人やその家族に対して、その機能の維持向上を図るため相談や指導、評価、訓練を行います。取り扱う障害は失語症、構音障害、音声障害、高次脳機能障害、聴覚障害、言語発達障害、吃音等の言語障害、聴覚障害、摂食嚥下障害などです。

当院では主に脳血管障害や頭部外傷等による失語症、構音障害、高次脳機能障害、摂食嚥下障害に対する評価や訓練を発症後早期から開始し、機能回復とコミュニケーション手段の確立を目指して急性期リハビリテーションを実施します。さらに回復期リハビリテーション病棟では長期にわたり機能回復訓練や社会復帰に向けた支援を行います。

また摂食嚥下障害においては、医師・看護師・栄養士・放射線技師等と協力し嚥下造影検査を実施し、病棟スタッフと協力して嚥下障害へのアプローチにも取り組んでいます。

小児リハビリテーションでは、自閉症や言語発達障害等に対するアプローチを行い、コミュニケーション手段の獲得や家族支援等に取り組んでいます。

言語聴覚士 画像1 言語聴覚士 画像2

当院におけるリハビリテーションサービス

急性期リハビリテーション

急性発症して入院された方のベッドサイドでの早期リハビリテーションを、疾患の治療とリスク管理に重点を置きつつ、可能な限り発症早期からICU(集中治療室)や急性期病棟で開始します。急性期リハビリテーションの目的は、できるだけ早期に離床を図ることで、二次的合併症や廃用症候群の予防を図り、病棟で早期にADL(日常生活活動)能力の向上をさせることです。コミュニケーション障害や摂食・嚥下障害に対して的確なアプローチを開始し、麻痺した手足等の早期の機能回復を図り、高次脳機能障害に対する環境設定を含めた様々な取り組み等を行っていきます。

このようにPT・OT・STのリハビリテーションを365日体制にて提供し、できるだけ短い入院期間での家庭復帰をめざしますが、疾患の種類や障害の程度によっては、回復期リハビリテーション病棟等へ転棟し、リハビリテーションを継続実施します。

ICUでも看護師などと協働しながらリハビリをしています
酸素投与や点滴をしていても病状をみながらリハビリを行います
回診やカンファレンス 画像1
回診やカンファレンス 画像2
回診やカンファレンス 画像2

定期的に関連職種が集まって回診やカンファレンスを行い、よりよい治療が提供できるよう話し合います

回復期リハビリテーション

患者さま・ご家族と医師、理学療法士、言語聴覚士、薬剤師、検査技師、事務職員、栄養士、調理師、介護士、看護師、作業療法士 図版

回復期リハビリテーション病棟の目的は、疾患の治療とリスク管理に留意し、寝たきりを予防し・ADL能力をさらにレベルアップし、可能な限り家庭復帰を推進することにあります。その為に、リハビリテーションセンターおよび病棟内での理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)によるリハビリテーションはもちろんのこと、生活機能の向上を目指して行くためのNs(看護師)やCW(ケアワーカー)による病棟内での取り組みを重視しています。

当院では南館の3階・4階・5階に3病棟併せて165床の回復期リハビリテーション病棟があり、全ての病棟が国の定めた中で最も高い入院施設基準を取得しています。(回復期リハビリ病棟入院料Ⅰ) 165床もの回復期リハビリテーション病棟を有し、全ての病棟で上記基準をクリアしている病院は、全国的にみてもあまりありません。多くのPT・OT・STを病棟の担当として配置し、個々の家庭生活をイメージした「生活に根ざしたリハビリテーション」をリハビリ室だけではなく、病棟スタッフ(看護師・ケアワーカー)と協働して病棟内でも実践しています。また、医療相談室や併設の地域包括ケアセンター等とも緊密な連携を取り、一日でも早い家庭復帰とその後の生活を支援する為の、種々のアプローチも併せて行っています。

昨年度(平成26年)の回復期リハビリテーション病棟の実績では、重症患者比率 40.2% (国の基準は30% )、重症患者改善率 49.2% (国の基準は30%)、平均入院期間 92.6日、家庭復帰率 81.4% (国の基準は70%)となっています。 重症の方が多く入院したにもかかわらず、入院期間も短めで、高い改善率で多くの方が家庭復帰をしている事が判ります。

疾患

発症から入院

入院期間

脳血管疾患別ウィンドウ脊髄損傷別ウィンドウ頭部外傷別ウィンドウくも膜下出血別ウィンドウのシャント手術後、脳腫瘍別ウィンドウ脳炎別ウィンドウ急性脳症別ウィンドウ脊髄炎別ウィンドウ多発性神経炎別ウィンドウ多発性硬化症別ウィンドウ、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢別ウィンドウ装着訓練を要する状態

2か月以内

150日

高次脳機能障害別ウィンドウを伴った重症脳血管障害、重度の頸髄別ウィンドウ損傷、頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後

2か月以内

180日

大腿骨別ウィンドウ骨盤別ウィンドウ脊髄別ウィンドウ股関節別ウィンドウ又は膝関節別ウィンドウ、2 肢以上の多発骨折の発症又は手術後

2か月以内

90日

外科手術又は肺炎別ウィンドウ等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後

2か月以内

90日

大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷別ウィンドウ

2か月以内

60日

維持期リハビリテーション

急性期・回復期のリハビリテーションが終了し、獲得された家庭もしくは施設等の生活や社会生活の維持継続をはかっていく為に、入院患者様や外来患者様に対して継続したリハビリテーションを実施しています。必要に応じて体力や機能の維持・改善、生活環境の整備、社会参加の促進、介護負担の軽減に努め、対象者の家庭や施設等での自立生活を支援する事を目的としたリハビリテーションを提供しています。

終末期リハビリテーション

加齢や疾病による重度の障害により、自立した生活が期待できず、自分の力で身の保全をなしえず継続した医療や介護サービスを必要とする方々を対象者に、最後まで人間らしくあるよう、尊厳ある終末期を支援することを目的に実践するリハビリテーションです。

セラピストの病棟配属制

N館(新館)

フロア 病床数 リハビリテーションに関係する診療科
N6F 一般病床(50床) 整形外科、内科
N5F 一般病床(52床) 脳神経外科、脊椎脊髄外科、神経内科、ペインクリニック
N4F 地域包括ケア病床(52床) 整形外科、内科
N3F 一般病床(50床) 外科、消化器科
N2F ICU(6床) 脳神経外科、整形外科、脊椎脊髄外科、外科
N1F 外来 リハビリテーション科、脳神経外科、
整形外科

リハビリテーションセンター

フロア リハビリテーションに関係する診療科
1F 理学療法室、作業療法室、言語療法室、物理療法室、水治療法室、
運動機能検査室、在宅シミュレーション室、アクティビティコーナー、
リハビリテーション診察室、リハビリ受付、フェニックス温泉
総面積 1,307m2

S館(旧館)

フロア 病床数 リハビリテーションに関係する診療科
S6F 緩和ケア病棟(24床) 内科・外科
S5F 回復期リハビリテーション病棟(54床) リハビリテーション科
S4F 回復期リハビリテーション病棟(54床) リハビリテーション科
S3F 回復期リハビリテーション病棟(57床) リハビリテーション科
S2F 医療療養病棟(47床) 内科・整形外科
S1F リハビリテーション療法部(各セラピスト部門のスタッフルーム:PT75名、OT46名、ST12名)
小児リハビリテーション室
通所リハビリテーションあびりんす