診療科・センター案内

当院について

泌尿器科

概要

泌尿器科は、腎臓と尿管、膀胱、尿道などの尿路と前立腺、精巣、陰茎などの生殖器を対象とする診療科です。当科では主に、尿路や生殖器の悪性腫瘍の治療と、生活の質(quality of life、QOL)を低下させる排尿症状や女性特有の症状を改善する治療の2つの治療に力を入れています。

癌の治療に関しては、膀胱癌は診断や治療として経尿道的な内視鏡手術を行い、前立腺癌や腎癌、腎盂尿管癌では低侵襲な腹腔鏡下手術を行います。また早期の前立腺癌では放射線治療も有効であり、癌治療センターで放射線科と綿密な連携を図りながら治療を計画します。検診やかかりつけ医でPSA検査が高値を認めた、検尿で尿潜血を指摘された、超音波検査で腎臓に腫瘍を指摘されたなど、心配なことがございましたらまずは当科を受診して相談してください。

排尿の症状は、尿が出にくい、尿の回数が多い、尿が漏れる、など生活の質(QOL)を低下させることが問題となります。どの科を受診したらいいのか分からなかったり、恥ずかしさのため受診をためらってしまい一人で悩んでいらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。当科ではこのような症状・疾患で生活の質を落としている方が、抵抗なく受診できるよう排尿疾患等の泌尿器科専門外来を行っております。また、現在は排尿に関する症状を改善させる治療薬があります。治療薬で効果のない場合には、外科的な治療で症状を改善する方法もあります。排尿症状の検査は、アンケート調査や排尿の状態を記録することなど体に負担の少ない検査から始めますので、お困りの症状がございましたら、お気軽に相談してください。


主な診療内容

癌の治療としては、膀胱癌、前立腺癌、腎癌、腎盂尿管癌など排尿症状の治療としては、尿失禁、骨盤内臓器脱(性器脱)、間質性膀胱炎など

泌尿器科の病気について

当科は日本泌尿器科学会の専門医教育施設に認定されております。泌尿器科の病気の症状は、日本泌尿器科学会ホームページの一般のみなさま向けサイト「こんな症状があったら」コーナーを参照してください。

当科での検査・治療の流れ


当科での検査・治療の流れについては、随時更新していきます。

前立腺癌

検診やかかりつけ医でPSA検査の値が高いと指摘されることがきっかけとなり検査を進めることが大半です。

PSA値が高い場合に考えられる疾患は、①前立腺癌、②前立腺肥大症、③前立腺炎の3つです。診察や超音波検査、MRIなどの画像検査を行い、前立腺癌が疑われる場合には、前立腺針生検を行います。前立腺針生検には、外来で行う経直腸的前立腺針生検と入院(2泊から3泊)で行う経会陰的前立腺針生検の2つの方法があります。前立腺針生検で前立腺癌と診断された場合は、転移の有無を画像検査で確認し、転移のない限局性前立腺癌では根治治療(手術あるいは放射線治療)やPSA監視療法、転移のある転移性前立腺癌では、ホルモン治療を計画します。

尿路上皮癌(膀胱癌、腎盂尿管癌)

肉眼的に血尿を認める、あるいは検診で尿潜血を認め、検査を行うことで発見されることが多い疾患です。
出血がひどいと膀胱内に血液の塊が充満し、排尿できない状態(膀胱タンポナーデ)になることもあります。
尿路上皮癌の発生の最大の要因は喫煙です。

膀胱癌に関しては、軟性膀胱鏡で膀胱内を観察し、腫瘍の有無を確認します。
腫瘍が確認できた場合には、約1週間の入院で麻酔下に経尿道的に膀胱腫瘍を切除し、悪性度の確認と腫瘍の深さ(深達度)を病理組織学的に診断し、追加の治療が必要なのか、経過観察でよいかを判断します。

腎盂尿管癌に関しては、腹部造影CTを行い、造影剤を点滴して腎盂尿管の形態を観察します。
腎盂尿管内に造影される腫瘍を認めた場合には、手術で腎尿管全摘除術を行います。
当科では体に負担の少ない体腔鏡下手術での腎尿管全摘除術を行います。

画像上で転移のある尿路上皮癌に関しては、抗癌剤治療や免疫チェックポイント阻害薬での治療を行います。

腎癌

腎癌の発見は、まったく症状がなく、検診の超音波検査やほかの病気で行ったCT検査で偶然に見つかることが多いです。
時には体重の減少や発熱、体のだるさをきっかけに診断されることもあります。
多くの腎癌は腹部造影CTで診断可能であり、撮影範囲を広げることで、肺や肝臓、リンパ節の転移を診断します。
転移のない腎癌は手術により腫瘍を摘出することが最も根治性を上げる治療になります。

腎癌の手術は、大きく2つに分類されます。
1つは根治的腎摘除術で、腫瘍と一緒に片側の腎臓を摘出する方法です。
もう1つは腫瘍の部分だけを摘出し、正常な腎臓をできるだけ残す方法です。
腫瘍の大きさや位置によりどちらの手術を行うのか、また腹腔鏡手術、あるいは開腹手術になるかを決めます。
転移の多い腎癌には免疫療法や分子標的薬治療、免疫チェックポイント阻害薬での治療を行います。

精巣腫瘍

20-40歳の青壮年期に疼痛などの症状を伴わない陰嚢内の腫脹を認め、精巣腫瘍と診断されることが多いです。
診察や超音波検査で精巣内に腫大した充実性の腫瘤として触知され、反対側の精巣と比べて大きくなっていることで容易に診断できます。
確定診断は、腫瘍を認める片側の精巣を高位精巣摘除術で摘出し、病理組織学的診断を行います。
大きくセミノーマと非セミノーマの2つに大別され、非セミノーマは胎児性癌、卵黄嚢腫、奇形腫、絨毛癌の4つの組織型に分類されます。
血液中の腫瘍マーカーにはα―胎児性タンパク(AFP)とヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)があり、胎児性癌と卵黄嚢腫ではAFPが上昇することがあり、セミノーマと絨毛癌ではhCGが上昇することがあります。
精巣腫瘍は進行が早く、転移をしやすい特徴があり、約30%が転移(リンパ節や肺など)を有する進行した状態で発見されます。
CTやMRIで遠隔転移の有無を検査しますが、例え進行した精巣腫瘍でも抗がん剤治療や手術で約80%が根治可能です。

尿失禁

いわゆる尿漏れです。
恥ずかしくて、周囲に相談できなかったり、年齢のせいだと諦めていらっしゃる方も多いかと思います。
生活の質を落とす原因のひとつで、専門医の治療が必要です。
当科では、特に中年以降の女性に特有の「尿失禁症」について、専門性を持った検査や治療を行っております。
是非、下記を一読され、お気軽にご相談ください。

一言に尿失禁と言っても様々なタイプが有ります。
  1. 腹圧性尿失禁
    重い荷物を持ち上げた時、走ったりジャンプをした時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまうのが腹圧性尿失禁です。
    女性の4割を超える2000万人以上が悩まされているといわれています。
    これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含む骨盤底の筋肉が緩むために起こり、加齢や出産を契機に出現したりします。
    荷重労働や排便時の強いいきみ、喘息なども骨盤底筋を傷める原因になるといわれています。
    軽症の場合は骨盤底筋体操で軽快します。
    骨盤底筋訓練などの保存的療法では改善しない場合、または不満足な場合は手術の適応となります。
    ポリプロピレンメッシュのテープを尿道の下に通してぐらつく尿道を支える「TVT手術」または「TOT手術」は、体への負担が少なく、長期成績も優れています。
    健康的な方であれば月曜日入院、火曜日手術、2~3日で退院、翌週から仕事ということも可能ですのでお忙しい方でも比較的受けやすい手術です。
    症状の軽い方や特に手術を考えていない方でも受診していただければ相談に応じます。腹圧性尿失禁について軽症か重症かの判定には、下記pad(パッド)テストを施行します。
    このテストは自宅で行なうことができますので、症状が気になる方は一度試してみてください。
    用意するものは、市販されている尿漏れパッド、飲料水500ml、計りとなっています。

    pad(パッド)テストのやり方です。
    尿漏れパッドの重さを測定し着用し、500mlの水を飲み、15分間ほど安静にします。
    その後、階段の上り下りを1階分行なってから、30分間ほどの歩行を行ないます。
    さらに、15分以内で、1.椅子に座る→立ち上がる動作(10回)、2.強く咳き込む(10回)、3.同じ場所で走り回る(1分間)、4.床のものを、腰をかがめて拾う動作(5回)、5.流水で手を洗う(1分間)、の5つの動作を行ないます。
    尿漏れパッドを外して重さを量り、最初に量った重さを引くと、テスト中に漏れた量がわかります。
    判定基準は以下の通りです。
    2.0グラム以下…正常
    2.1~5.0グラム…軽度 の尿漏れ
    5.1~10.0グラム…中程度 の尿漏れ
    10.1グラム以上…重度 の尿漏れ
    パッドテストの結果が、中程度以上の場合は受診をお勧めしますが、それ以下の場合でも日常生活に支障が出ているようであれば、程度に関わらずお気軽にご相談ください。
  2. 切迫性尿失禁
    急に尿がしたくなり(尿意切迫感)、我慢できずに漏れてしまうのが切迫性尿失禁です。
    トイレが近くなったり、トイレにかけ込むようなことが起きたりしますので、外出中や乗り物に乗っている時などに大変に困ります。
    本来は脳からの指令で排尿はコントロールされていますが、脳血管障害などによりそのコントロールがうまくいかなくなった時など原因が明らかなこともあります。
    しかし多くの場合、特に原因がないのに膀胱が勝手に収縮してしまい、尿意切迫感や切迫性尿失禁をきたしてしまいます。
    男性では前立腺肥大症、女性では膀胱瘤や子宮脱などの骨盤臓器脱も切迫性尿失禁の原因になります。
    原因となっている疾患の治療および、内服薬を使用し、ある程度コントロールできます。切迫性尿失禁の特徴は以下のようなものです。心当たりはありませんか?
    • 「余裕をもってトイレに行こう」と思っても、ギリギリになってしまう
    • 一旦尿意が起こると、どうしても我慢できなくてもらしてしまうことがある
    • 炊事など水を扱うと急にトイレに行きたくなる
    • 夜中に何度もおしっこがしたくなり、トイレに駆け込む
    軽い腹圧性尿失禁の場合などは漏れる尿の量も少ないので、うすめのパッドを当てることなどで対応できますが、しかし、切迫性尿失禁の場合は「尿をしたい」と思っているのに直前で漏らしてしまうもどかしさがあり、しかも大量に漏らしてしまうこともあることから、周りへの羞恥心や自責の念も強くなることがあります。
    放っておくと人間関係にも大きな支障をきたすことがある、辛い症状です。

    切迫性尿失禁の治療は、その原因となっている疾病の治療とともに行われます。
    原因となっている疾病が治癒すれば多くの場合は尿失禁も改善されますが、それでも改善されない場合には薬物療法等によって排尿をコントロールすることになります。
    抗コリン薬やβ3(ベータスリー)受容体作動薬などの薬物療法が有効です。
    飲水コントロール、骨盤底筋訓練などの行動療法を併用します。
  3. 溢流性(いつりゅうせい)尿失禁
    自分で尿を出したいのに出せない、でも尿が少しずつ漏れ出てしまうのが溢流性尿失禁です。
    この溢流性尿失禁では、尿が出にくくなる排尿障害が必ず前提にあります。
    排尿障害を起こす代表的な疾患に、前立腺肥大症がありますので、溢流性尿失禁は男性に多くみられます。
    ほかに、直腸癌や子宮癌の手術後などに膀胱周囲の神経の機能が低下してしまっている場合にもみられます。
    お腹が張って、尿が漏れだしてきてしまう症状がある方は、直ちに泌尿器科を受診してください。
  4. 機能性尿失禁
    排尿機能は正常にもかかわらず、身体運動機能の低下や認知症が原因でおこる尿失禁です。
    たとえば、歩行障害のためにトイレまで間に合わない、あるいは認知症のためにトイレで排尿できない、といったケースです。
    この尿失禁の治療は、介護や生活環境の見直しを含めて、取り組んでいく必要があります。尿失禁の検査について まず問診と診察をおこないます。
    排尿日誌を数日間つけてもらうことで排尿状態や尿失禁の程度がわかります。
    ほとんどの場合、検尿とpad(パッド)テスト、エコーによる残尿量測定といった身体に負担のない検査で診断がつきます。
    必要に応じて、内診台での診察、チェーン膀胱尿道造影検査、尿流動態検査、膀胱鏡検査などの詳しい検査を行うこともあります。
    原因を特定するために脳や脊髄の画像検査を行うこともあります。

    尿失禁の検査
    • 尿検査:尿の成分を調べ、尿路感染症の有無などを調べます。
    • 内診台での診察:わざと咳をしたり力んだりしていただき、尿道の動きや尿の漏れ具合のほか、骨盤臓器脱の有無を確認します。
    • チェーン膀胱造影検査:膀胱にチェーンのついたカテーテルを挿入し、造影剤を注入します。膀胱頚部の開大具合や後部膀胱尿道角を測定します。腹圧性尿失禁の診断に必要です。
    • padテスト:水分摂取後に、60分間決められた動作や運動を行います。検査前後のパッド重量を計測し、尿失禁の重症度を判定します。腹圧性尿失禁の診断に必要です。
    • 尿流動態検査:膀胱に生理食塩水を注入しながら尿が溜まった状態や、排尿している時の状態を再現して、膀胱の知覚と運動機能を調べる検査です。
    • 膀胱鏡検査:尿道や膀胱の中を内視鏡で観察する検査です。
~難治性過活動膀胱に対する、仙骨神経刺激療法(SNM)について~

仙骨神経刺激療法(SNM)は、排泄に関係する神経に持続的に電気刺激を与え、過活動膀胱や便失禁の症状の改善を図る治療法です。
欧米では20年程前から実施されており、日本でも2014年4月から便失禁に対し保険適応となり、今回2017年9月に難治性過活動膀胱に伴う尿失禁(いわゆる重症の切迫性尿失禁)に対して新たに保険適応となりました。

過活動膀胱とは
過活動膀胱は「急に尿意をもよおし、漏れそうで我慢できない(尿意切迫感)」、「トイレが近い(頻尿)」、「夜中に何度もトイレに起きる(夜間頻尿)」、「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある(切迫性尿失禁)」などの症状を示す病気です。
過活動膀胱の治療は、行動療法や投薬がまずは第一選択として行われます。
このような治療を行っても症状が改善しない場合を難治性過活動膀胱といいます。
仙骨神経刺激療法(SNM)は、難治性過活動膀胱に対して保険適応があります。

仙骨神経刺激療法のしくみと効果
体外に装着する機器を用いて一定期間(1~2週間)電気刺激をおこない、十分な治療効果が得られるかを確認します。
効果が認められた場合には、体内植込み型の刺激装置を臀部に植込み治療を継続します。
刺激装置は体内に植込んだ後も長期的な症状の変化などに合わせて体の外から刺激を調整することができます。
米国で行われた臨床試験では、治療の開始3ヶ月の時点で、1日の尿失禁回数が約4割の患者さんで0回になりました。
また、約8割の患者さんで手術前の半分以下に減少しました。
頻尿の患者さんでは、約7割の方が8回未満の通常排尿回数となっています。
これらは、1年後も効果が持続しています。
当院では、SNMに関心のある尿失禁の患者さんがいらっしゃいましたら、まず適応(SNMを施行するのに適切なケースであるか)について診察、検査で判断し、適応があれば積極的に行っておりますので、ご相談いただければと思います。

このように尿失禁の種類や程度により、治療法は様々です。
尿失禁は生命に直接影響するわけではありませんが、いわゆる生活の質を低下させてしまう病気です。
困ったなと思ったら恥ずかしがったり、年齢的なこととあきらめたりせずに、どうぞ当院にご相談下さい。

骨盤臓器脱(性器脱)

次のような症状の経験はありませんか?
  • 股の間にピンポン玉のようなものが触れたり
  • 歩くときに何か股にはさまったような感じがする
  • 重いものを持って歩くと何かが出てくる
女性特有の骨盤臓器脱(性器脱)の症状かもしれません。女性の骨盤の底には、子どもを生むために産道という大きな穴が空いています。この穴をふさぐようにして骨盤底筋群という筋肉がハンモック状に張られていて、骨盤内の臓器(膀胱、子宮、直腸)が落ちないように支えています。出産や加齢、肥満によって骨盤底筋群が傷ついたり緩むと、尿や便が漏れ(排尿・排便障害)、さらに、支えを失った骨盤内臓器が産道、つまり膣をめがけて落ちてくることがあります。これが子宮脱などの骨盤臓器脱(性器脱)です。
【頻度】
経膣分娩を経験した女性の約3割程度が罹患する疾患で、米国女性の11%が80歳までに骨盤臓器脱または尿失禁の手術を行うと言われています。
【原因】
経腟分娩・骨盤底筋張力低下・肥満、慢性の便秘や慢性の咳等です。
【合併症】
排尿困難・尿漏れ等
【検査】
腹部、外陰部診察(台上診)、尿流量測定、検尿、エコー(残尿測定)、膀胱尿道造影検査を外来で行います。
【治療】
骨盤底筋体操・薬物療法などの保存的治療もしくは、リングペッサリー・TVMメッシュ手術・LSC(腹腔鏡下仙骨腟固定術)などがあります。

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎とは、頻尿(トイレに行く回数が多いこと、一般には日中8回以上といわれています)や、多くの場合は膀胱充満時(膀胱におしっこが溜まったとき)の膀胱痛や不快感や下腹部や会陰部の痛みを伴う病気です。
このように急性膀胱炎に似た症状を示すために抗菌薬などが処方されたり、頻尿改善薬などが処方されたりしますが、効果があまりなく、つらい症状が続いてしまう時は、この病気かもしれません。
今までは、この病気に対する理解が十分ではなかったため、つらい症状に対して、適切な治療が行われていないケースが沢山ありました。
しかし、最近では、多くの泌尿器科医が、この病気を理解するようになってきました。

この病気の特徴は蓄尿時の痛みが強いことと言われていますが、必ずしも痛みが伴わない場合も多く、他の病気と症状が似ていることから診断が難しいことがよくあります。
そして、アメリカでは患者数は70万人にものぼると言われ、珍しい病気ではありません。
この病気は細菌による急性膀胱炎とは異なり、 膀胱の粘膜の下にある間質といわれる部分の炎症で起こる疾患です。
原因はまだ明らかになっていません。
間質性膀胱炎の診断と治療に現在最も有用なのが『膀胱水圧拡張術』です。
下半身麻酔で膀胱内に生理食塩水を注水し膀胱を拡張することで、膀胱粘膜の変化や出血の程度から間質性膀胱炎を診断します。
また同時に痛みが和らぎ、膀胱の大きさが増す効果があります。

こんな場合は間質性膀胱炎を疑ってみましょう

まずは排尿日誌(何時に何mlの尿が出たか排尿のたびに記録)をつけます。
1日8回以上の頻尿で平均排尿量が150ml以下の場合では、間質性膀胱炎も疑われます。
また、朝起きてすぐ、排尿が300mlぐらい出たとき、不快な痛みがでてその後頻尿になる、尿が貯まるたび膀胱痛がある場合なども間質性膀胱炎が疑われます。

診断・検査
症状については問診票(間質性膀胱炎症状スコア、問題スコア)などで重症度を判定します。
間質性膀胱炎の疑いが強いと考えられた場合は、以下のような検査を行います。
  1. 麻酔下膀胱鏡・水圧拡張術(hydrodistention)
    麻酔下に膀胱内に生理的食塩水を注入し、膀胱を拡張します。
    麻酔下に行なわないと痛みなどで十分膀胱が拡がらないため、所見が見逃されることがあるからです。
    このとき膀胱鏡で膀胱内を観察すると特徴的な所見がみられます。
(1).五月雨様出血
膀胱の拡張後、収縮時に細かい出血が膀胱全体からおこります。
(2).Hunner潰瘍(膀胱粘膜の亀裂)
また、この検査は間質性膀胱炎であった場合には治療としても有効で、この治療により症状が軽減します。
治療法
治療法は、診断時に行った膀胱水圧拡張術で症状が改善することがよくあります。
また、内服薬の治療もあります。
  1. 水圧拡張術
    麻酔下に行ない、診断と治療を兼ねています。
    膀胱粘膜の機械的な拡張のために一時的に症状が悪化することもあります。
  2. 内服薬
    今のところ特効薬はありませんが、痛みの程度に応じて和らげることができるような内服薬を処方し、調整します。
  3. 行動療法
    酸性食品を減らし、コーヒー、紅茶、炭酸飲料、アルコール、香辛料等を避けることにより症状が緩和することがあります。
    刺激物をできるだけ避けた食事を心がけましょう。
また、当科では鍼灸を組み合わせた治療法を試みています。
患者さんによっては良い効果が得られています。
間質性膀胱炎、膀胱水圧拡張術などに関する質問や疑問などがあれば、当院までお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

  氏  名 月野 浩昌 職位・職種 泌尿器科部長
勤務形態 常勤医師 出身大学 大分医科大学
専門分野 泌尿器科
認定医 がん治療認定医、泌尿器腹腔鏡技術認定医
専門医 泌尿器科専門医
指導医 泌尿器科指導医
他の資格 宮崎大学医学部臨床教授
主な所属学会 日本泌尿器科学会、日本癌学、日本小児泌尿器科学会、日本癌治療学会、日本泌尿器内視鏡学会、American Urological Association
  氏  名 上別府 豊治 職位・職種 医長
勤務形態 常勤医師 出身大学 山口大学
専門分野 泌尿器科
認定医 日本排尿機能学会認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
専門医 日本泌尿器科学会専門医
指導医 日本泌尿器科学会指導医
他の資格
主な所属学会 日本泌尿器科学会、日本排尿機能学会、日本がん治療学会、日本老年泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本間質性膀胱炎研究会、日本女性骨盤底医学会