当院概要

当院について

感染対策管理室

感染対策管理室紹介

感染対策管理室は、病院内の感染対策業務を担う部門として平成26年4月1日に設置されました。
感染対策管理室には、感染管理認定看護師が専従で1名在籍しています。


主な活動内容

  1. 感染管理システムの構築
    院内感染防止対策委員会、感染対策チーム、感染対策ナース部会が円滑に活動できるよう連絡調整を行っています。
    感染対策チームを主体的に運営しています。
  2. 院内感染に関する情報を収集・分析
    サーベイランス(院内分離菌、手術部位感染、カテーテル関連血流感染)を行っています。
    抗菌薬の使用状況について、薬剤師と協力し使用状況の確認と抗菌薬適正使用を推進しています。
    院内ラウンドを行い、感染予防に関する情報収集、課題の抽出、評価を行っています。
  3. 感染対策マニュアルの整備
    感染対策マニュアルの作成、見直し・改訂を行っています。
  4. 職員教育・指導
    全職員を対象とした研修会の企画および参加の推進を行っています。
    部署のラウンドを行い、結果をフィードバックしています。
  5. コンサルテーション
  6. 職業感染対策
    二次感染防止や、針刺し、血液暴露後の対応・対策を行っています。
  7. その他院内感染に関すること
  8. 地域医療施設との連携
    感染防止対策加算1施設と感染に関する相互チェックを年1回開催しています。
    また、感染防止対策加算1施設として、感染対策加算2の施設と感染に関する
    合同カンファレンスを年4回開催しています。
    医療機関から感染に関する相談を受けています。