当院概要

当院について

臨床検査室

臨床検査室紹介

臨床検査室には現在臨床検査技師が14名、事務員1名の合計15名が所属しています。信頼あるデータを迅速にそして正確に提供個々の知識の向上に努め、日々検査業務に携わっています。2003年電子カルテ導入時から、患者様の検体は全てバーコード管理され、「患者誤認防止」・「正確なデータ管理」・「迅速な検査結果情報の提供」が可能となりました。また365日24時間、緊急検査に備え技師が待機しております。これからも最良の医療が提供できるよう職員一丸となって頑張っていきたいと考えております。


主な検査内容

 

 

 

 

 

 

バーコード管理システム

採血管にバーコードを貼る機械です。

バーコードを貼ることにより患者様の検査間違えを防止します。

 

生化学検査機器

血液中に含まれる多くの化学物質を測定することで、

肝臓や心臓、腎臓、脂質の異常を発見することができます。

 

末梢血液検査機器

血液中の赤血球、白血球、血小板などの数をカウントすることにより、

貧血や感染症などがないかを調べます。

 

免疫検査機器

 

B型肝炎、C型肝炎、梅毒などのウイルス感染症検査やがんの早期発見、治療効果を見る腫瘍マーカー検査、

甲状腺機能を見るホルモン検査などを行っています。

 

輸血検査機器

血液型を調べたり、安全な輸血ができるように適合検査を行い、患者様に合う血液を提供します。

また、血液製剤は一定の温度に保たれた専用冷蔵庫に保管されます。

 

凝固検査機器

凝固検査は、出血があったときに止血する機能がきちんと働くかを調べる検査です。

血液を固まりにくくする薬を服用している患者様は薬の量をコントロールするためにも検査します。

 

尿検査機器

尿にタンパク、糖、血液、ビリルビンなどが混じっているか調べることで、

腎臓や膀胱の病気をはじめ、糖尿病や肝臓の病気を見つけることができます。

 

心電図検査

心臓は収縮、拡張を繰り返して全身に血液を送り出していますが、

そのとき、心臓から発生するごくわずかな電気を波形にしたものが心電図で、

心臓の病気がないか調べます。

 

 

超音波検査機器

超音波検査とは超音波(ヒトの耳には聞こえない高い音)を対象物に当て、その反射を画像化したものです。

頚部動脈エコー検査を行っています。