当院概要

当院について

*研究*

大学や公共機関との共同研究を行っています。新しい装置の開発や機能の解析を行い、その結果を患者様に還元できるように取り組んでいます。以下は当院の理学療法士が研究に活用している機器の一部です。

 

 

・歩行神経筋電気刺激装置

「Walk Aide」

・3次元動作解析、荷重圧&

      重心動揺解析システム

「ToMoCo」

 ・リハビリテーション用

     荷重コントロール装置

ウォークエイド TOMOKO  荷重装置

*勉強会*

新人理学療法士への知識の伝達、研究成果の発表など、定期的な勉強会を開催し常に学ぶ姿勢を大切にしています。

PT勉強会

*学会発表 (平成25年度以降 院外)

平成27年度

●脳卒中片麻痺者への傾斜センサ制御式機能的電気刺激装置使用が麻痺側の立脚相に及ぼす影響

(第52回日本リハビリテーション医学会;新潟)

●脳卒中片麻痺者における機能的電気刺激装置使用が麻痺側立脚期に及ぼす影響

(第50回日本理学療法学術大会;東京)

●回復期病棟転院時に残存している)pusher症候群の経過および垂直認知との関係

(第50回日本理学療法学術大会;東京)

●安定した歩行獲得を目標に介入した症例~寝返り、起き上がりからの介入~

(第1回宮崎市郡ブロック症例研究会;宮崎市)


平成26年度

●Change of the contra-lateral cerebral sensory-motor cortex caused by the cerebellar hemorrhage.

(Organization for Human Brain Mapping ;Hamburg Germany  2014)

●当院における呼吸リハビリテーションの現状~アンケート調査を実施して~

(第19回宮崎県呼吸ケア研究会;宮崎市)

●短下肢装具を作成した脳卒中片麻痺症例の予後予測に関する調査報告

(第21回宮崎県理学療法学会;日南市)

●腰痛が胸骨下角および胸郭可動域に及ぼす影響について

(第21回宮崎県理学療法学会;日南市)

●回復期における脳卒中片麻痺患者の一日の歩数の実態とADL能力との関係性

(第21回宮崎県理学療法学会;日南市)

●長下肢装具を作製した脳卒中片麻痺者の歩行能力の予後に関する調査報告

(第21回宮崎県理学療法学会;日南市)

●足底への電気刺激が立位バランスに与える影響

(第21回宮崎県理学療法学会;日南市)

●視てから移乗~右半側空間無視を呈した症例に対する視覚的側面を考慮した治療~

(第18回活動分析研究大会 九州ブロック 那覇市)

●ICUにおけるリハビリテーション申し送りシートの有用性の検討

(第42回日本集中治療医学会学術集会;東京)

●延髄梗塞患者の体位別横隔膜変位量の超音波診断装置による測定

(第42回日本集中治療医学会学術集会;東京)

●摂食・嚥下障害患者に対しての取組についての活動紹介~エプロンゼロを目指して~

(回復期リハ病棟 第25回研究大会 愛媛)

●脳出血後片麻痺患者のADLにおけるFES機器の使用が歩行能力に与える影響

(STROKE 2015 第40回脳卒中学会総会;広島)


平成25年度

●長下肢装具を作成した症例に関する調査報告

(脳血管障害への下肢装具カンファレンス2014/福岡市)

●短下肢装具を作成した症例に関する調査報告

(脳血管障害への下肢装具カンファレンス2014/福岡市)

●超音波診断装置(USG)で推定される胸水量と酸素化係数、分時換気量、動脈血二酸化炭素分圧の関係

(第41回 日本集中治療医学会学術集会/京都市)

●機能的電気刺激装置(Walk Aide)を使用した歩行が脳卒中片麻痺患者の麻痺側立脚期に及ぼす影響

(STROKE 2014/大阪市)

●難聴が立位バランスに与える影響

(第25回 活動分析研究会/甲府市)

●脳出血の患者の身体機能の改善と脳機能マッピングの変化

(第25回 活動分析研究会/甲府市)

●An analysis of MEG mapping of the stroke patient who rapidly improved physical function

(Organization for Human Brain Mapping /OHBM Seattle 2013)

●当院の肺炎患者の傾向

(第18回 宮崎県呼吸ケア研究会)

●視覚的なフィードバックを利用したリハビリテーション用荷重コントロール装置の開発

(宮崎大学 産学・地域連携センター 第20回技術・研究発表大会)

●当院回復期リハビリテーション病棟患者データベースからの自宅退院に関連する因子の抽出

(第35回 九州理学療法士・作業療法士合同学会/熊本市)


*研究発表(平成25年度以降 院内

●足底への電気刺激が立位バランスに与える影響

●腰痛が胸骨下角および胸郭可動域に及ぼす影響について

●回復期における脳卒中片麻痺患者の一日の歩数の実態とADL能力との関係性

(第20回 記念病院リハビリテーション研究会)

●難聴が立位バランスに与える影響

●BWSTT(Body Weight Support Treadmill Training)のスピード変化が健常者の歩行に及ぼす影響

●脳血管片麻痺者に対して長下肢装具装着下での立位・歩行練習が静的座位重心動揺に与える影響

●座位での骨盤前後傾が両脚立位から片脚立位への重心動揺に及ぼす影響

(第19回 記念病院リハビリテーション研究会)

 

*講演(平成26年度

●シンポジウム「活動分析アプローチ」

(第26回活動分析研究大会;山梨)

●ICUから始めるリハビリテーション

 (第4回宮崎救急ICU研究会;宮崎市)