当院概要

当院について

回復期リハビリテーション病棟の特徴

 1. 家庭復帰、社会復帰を目指したリハビリテーションプログラムを医師、看護師、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーなどが共同して作成します。

2. 訓練室のみならず病室、病棟、病院周辺での日常生活動作の訓練を行います。また、訓練と同時に退院にむけての準備・相談・家屋調査・介護指導などを行っていきます。

3. 充実したカンファレンスを行います。(合同カンファレンス:ご本人・ご家族を交えて行います。ショートカンファレンス:定期的にスタッフのみで行います。ケアカンファレンス:退院後、サポートして頂く方々と情報交換を行います。)

4. 日常生活動作改善を目指した早期リハビリテーションを実施します。

5. 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による日曜・祝日(365日)もリハビリテーションを実施します。

6. 病棟でも看護師、ケアワーカーが食事の訓練、更衣訓練(日常着とパジャマの着替えを朝・夕行います)、入浴訓練(体洗いや浴槽の出入りの訓練)、歩行訓練、治療的レクリエーションなどを行います。

 

回復期リハビリテーション病棟の1日の流れ(例)

回復期の日程

回復期リハビリテーション病棟は、患者様にとって『生活の場』です。訓練室における訓練だけではなく、ご家庭に復帰したときの生活をイメージした病棟生活におけるリハビリテーションが大事です。私たちスタッフは、障がいをもちながらも、その人らしい生き方の質を高め、自立を自信につなげられるよう『心とからだ』を生き生きさせる生活づくりのリハビリテーションを提供します。

 

 

回復期リハビリテーション病棟内の風景

回復期の風景1

 

     訓練室の風景