当院概要

当院について

病院理念

一般社団法人 潤和リハビリテーション振興財団・理念

基本方針

  1. 障害を生じた方が尊厳と誇りを失わずに生活できる社会の創造に努めます。
  2. 医療と介護の質の向上とノーマライゼーションの推進に努めます。
  3. 地域リハビリテーションの研究と普及に努めます。
  4. リハビリテーション従事者の育成に努めます。
  5. 職員が誇りと生きがいの持てる職場づくりに努めます。

一般社団法人 潤和リハビリテーション振興財団 潤和会記念病院・理念

基本方針

  1. 患者様の人権と意思を尊重し、患者様の立場に立った医療の提供
  2. 地域の中核的病院として、専門的且つ高度な医療を実践
  3. チーム医療を推進し、より良い医療の希求
  4. 豊かな人間性を備えた医療人の育成
  5. 職員が意欲を持って働ける職場環境
 

臨床倫理方針

  1. 患者さんの人権、信仰、意思などを尊重し、理解と同意のもと安全で最良の医療を提供します。
  2. 公平、公正な医療を行います。
  3. 患者さんのプライバシーを尊重し、個人情報の保護と守秘義務を遵守します。
  4. 診療行為にかかる各関係法令、ガイドラインを遵守し、院内倫理委員会の方針に従います。
 

主な臨床倫理問題への対応方針

  1. 患者さんの治療拒否に関しては、治療拒否の理由を十分把握し、治療による利益と不利益を十分説明したうえで、望まない治療を拒否できる権利を認めます。
  2. 宗教上の理由による輸血拒否に関しては、宗教的輸血拒否に関する合同委員会のガイドラインに基づき対応します。
  3. 臓器移植(臓器提供)、脳死判定に関しては、「臓器移植に関する法律」の運用に関するガイドラインに基づき検討し、院内臓器移植協力委員会の決定に従います。
  4. 臨床研究に関しては、院内倫理委員会へ申請し、その決定に従います。
  5. 治験に関しては、院内治験審査委員会へ申請し、その決定に従います。
  6. その他の倫理的問題については、必要に応じ院内倫理委員会を開催して、その方針を決定します。